レアルGKクルトワ、CL制覇への胸中を明かす「僕の栄誉を締めくくるには…」

レアルGKクルトワ、CL制覇への胸中を明かす「僕の栄誉を締めくくるには…」
拡大する(全1枚)
 レアル・マドリードのベルギー代表GKティボー・クルトワが、シーズン後半戦へ意気込みを示した。27日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 今シーズンのクルトワはラ・リーガ22試合に出場すると、失点数は同リーグで3番目に少ない20。ラ・リーガで首位に立つ“白い巨人”の最後の砦として、ゴールマウスに鍵をかけている。

 まず、クルトワは「今年はいい調子でプレーできているので誇らしい。あとはタイトルで締めくくる必要がある。昨シーズンも僕にとっては良いシーズンだったけど、タイトルがないまま5月を迎えてしまったのが、つらかった」と無冠に終わった昨シーズンを痛恨。続けて「僕たちにとって最も美しいことは、先日のスーペルコパ・デ・エスパーニャ(スーパー杯)のように、優勝すること」と胸中を明かした。

 今シーズンのスーパー杯優勝、ラ・リーガで首位に立ち、コパ・デル・レイ(国王杯)準々決勝進出に加え、チャンピオンズリーグ(CL)では決勝トーナメントへ駒を進めているレアル・マドリード。全てのタイトルを手中に収める可能性があるなかで、クルトワは「最大の夢はレアル・マドリードでチャンピオンズリーグを制覇することだけど、それだけに拘りつづけているわけではない。レアル・マドリードは欧州カップにおける歴史そのものであり、そのクラブでプレーしていることはとても素晴らしいことだからね」と告白。それでも「プレミアリーグやラ・リーガなどのビッグタイトルや、欧州の舞台でいくつかのタイトルを獲得している。しかし、僕の栄誉を締めくくるには、引退する前にチャンピオンズリーグを制覇したい」と自身初のCL戴冠を切望した。

 2月15日に行われるCL・ラウンド16パリ・サンジェルマン(PSG)戦。同大会優勝を目指すレアル・マドリードにとって、正念場となる一戦については「手強い相手で非常に難しく、拮抗した試合になる。早めの決勝戦になりそうだ」と言及。さらに「レアル・マドリードはいいレベルにあるから、突破できると思う。セーブやゴールなど、細かいところで決まる試合になる。大切なのは集中力と団結力、そして病気やケガをせずに無事に迎えることだ」と心境を明かした。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク