JFA副会長に岡田武史氏が4年ぶりの復帰へ…野々村芳和氏や宮本恒靖氏らも新たに入閣
拡大する(全1枚)
 日本サッカー協会(JFA)は15日に理事会を開き、役員の予定者リストを発表。副会長には元日本代表監督の岡田武史氏や次期Jリーグチェアマンの野々村芳和氏ら、常設委員会委員長には元日本代表DFの宮本恒靖氏らが新たに選出された。今月27日の定時評議員会での承認を経て、正式に就任が決まる。

 現在FC今治の会長を務める岡田氏には2016年3月から2018年3月にかけて副会長を務めた実績があり、今回の就任が決まれば4年ぶりの復帰に。そのほか新任としては、理事にV・ファーレン長崎会長の髙田春菜氏やサッカー解説者の金田喜稔氏、審判委員長に現審判委員会副委員長の扇谷健司氏、特別委員会の復興支援の部には元日本代表FWの巻誠一郎氏らが名を連ねている。