鹿島、ペットボトルを観客席へ蹴飛ばしたピトゥカの行為を謝罪「非常に深刻に受け止めております」
拡大する(全1枚)
 鹿島アントラーズは2日、MFディエゴ・ピトゥカの行為について公式声明を発表した。

 同日に開催された明治安田生命J1リーグ第6節の清水エスパルス戦において、ピトゥカは63分に途中交代でピッチを後にした。その際、ベンチ前に置かれていたペットボトルを観客席に向けて蹴飛ばし、レッドカードを提示されていた。鹿島の発表によると、ペットボトルはメインスタンド最前列の柵に当たり、跳ねた本体と水が観客に接触したという。

 鹿島は「このような行為は、いかなる状況においても許容できるものではなく、クラブとして非常に深刻に受け止めております。当該行為により危険が及んだ方々やスタジアムに来場されたお客様をはじめ、すべてのフットボールファンならびに関係者の皆様へ深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 また、「ピトゥカ選手には試合後、クラブより厳重注意を行いました。今後につきましては、再発防止に向けて選手への指導を徹底し、本行為の影響範囲について調査を進めるとともに、Jリーグと連携して適切に対応してまいります」と、対応について説明している。