白熱の一戦は浦和がユンカーのハットで3点差を追いつきドローに持ち込む…横浜FMは宮市が躍動もリードを守りきれず
拡大する(全1枚)
 明治安田生命J1リーグ第11節(延期分)が18日に行われ、浦和レッズ横浜F・マリノスが対戦した。

 リーグ戦では5試合連続引き分け中と勝ちきれない試合が続く浦和が、リーグ戦3連勝中の横浜FMをホームに迎えての一戦。序盤からアウェイの横浜FMがボールを保持し、浦和を押し込む展開となった。

 12分、左サイドに展開されたボールを宮市亮がワンタッチで浦和ディフェンスの背後に落とすと、走り込んできた小池龍太がグラウンダーのクロスをゴール前に供給。このボールが誰も触れずにファーサイドに流れると、これを水沼宏太が押し込み、横浜FMが幸先よく先制する。19分には横浜FMに追加点。左サイドでボールを受けた宮市のクロスにアンデルソン・ロペスがヘディングで合わせてネットを揺らした。

 勢いに乗った横浜FMは30分、中央でボールをキープしたアンデルソン・ロペスが左サイドの宮市にボールを供給。カットインした宮市が右足でシュートを放つと、ボールは弧を描きながらゴール右隅に決まり、リードを3点に広げた。その後も横浜FMは浦和にチャンスを作らせず、3点リードで前半を折り返した。

 3点のビハインドを負って後半を迎えた浦和は47分、ボールをキープした岩波拓也が横浜FMのディフェンスラインの背後にロングパスを供給すると、抜け出したキャスパー・ユンカーが冷静に流し込み、浦和が1点を返した。61分には横浜FMにチャンス。FKのリスタートからボールを受けた水沼が右サイドから直接ゴールを狙うが、浦和のGK