イニエスタ封じで見せた“遠藤航の系譜を継ぐ男”の真骨頂 湘南MF田中聡が示した力
拡大する(全1枚)
“裏天王山”と位置づけられた21日の湘南ベルマーレvsヴィッセル神戸。今季の明治安田生命J1リーグでは4月17日のガンバ大阪戦しか白星のない湘南にしてみれば、相手に世界的名手のアンドレス・イニエスタ山口蛍酒井高徳武藤嘉紀といった日本代表経験者がいようが、絶対に勝ち点3が必要な一戦には変わりなかった。

 彼らはその気迫と闘争心を序盤から強く押し出す。5-3-2とも3-1-4-2とも言える基本布陣で挑んだ湘南にしてみれば、まずは相手をしっかり捕まえ、守備で先手を取ることが全ての第一歩だった。カギを握るのは、アンカーの田中聡、両インサイドハーフの茨田陽生と山田直輝の逆三角形の中盤。相手は山口と大﨑玲央がダブルボランチに並び、その前にイニエスタが陣取る格好だっただけに、彼らをしっかりつぶして、攻撃の起点を寸断することが至上命題と位置づけられた。

“イニエスタ封じ”の大役を担った19歳の田中は鋭い出足と球際の強さをいかんなく発揮する。対峙する相手はフリーマンのように左右に動くため、その時はマークを受け渡ししなければいけないが、背番号7はスムーズな連携を周囲に促していた。前半に仕事らしい仕事をさせたのは、ラストのシュートシーンのみ。それも枠を外れ、湘南としては町野修斗が挙げた虎の子の1点を守った状態で後半に突入した。

 相手が2枚替えで攻撃のギアを上げる中、湘南は町野がバックパスを拾って追加点。優位に立ったが、そこからの神戸の猛攻を凄まじく、菊池流帆に1点を返される。さらにはボージャン・クルキッチのドリブル突破やイニエスタの飛び出しなどで危険にさらされた。が、守護神の谷晃生が好セーブを見せるなどして、懸命にゴールを防ぎ続けた。