モドリッチ、自身5度目のCL決勝は「最高の気分」…初舞台となる選手へのアドバイスも
拡大する(全1枚)
 レアル・マドリードに所属しているクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、28日に控えたチャンピオンズリーグ(CL)・決勝戦のリヴァプール戦に向けてコメントを残した。クラブ公式HPが伝えている。

 クラブは24日に「UEFAオープンメディアデー」を実施。トレーニング後に多くの選手がコメントを発する中、自身5度目のCL決勝戦に臨むモドリッチも「最高の気分で、決勝戦でプレーするのが楽しみだ」と語った。

 2013-2014シーズンに初の大舞台に立ったモドリッチは、2015-2016シーズンからのCL3連覇にも大きく貢献。ここまで4度のCL決勝戦で全勝している。今季のクラブにはブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール、同代表FWロドリゴ、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデなど、3連覇を成し遂げた“黄金期”を知らないメンバーも多数在籍。モドリッチは初めてCL決勝戦に臨む選手たちに向けて、「気楽に、一瞬一瞬を楽しむことが重要だ」とアドバイスを送っている。

 36歳となった現在もモドリッチのプレーに衰えは見えず、むしろ進化すら感じさせる。モドリッチは「このレベルで続けられることに感謝している」と話しながらも、「重要なのはピッチ上でのパフォーマンスだ。年齢は関係ない」と断言。以下のように続け、年齢を重ねても高いレベルに身を置ける幸せを口にしている。

「最高のレベルでの戦いを続けて、レアル・マドリードで継続してタイトルを獲得したい。このまま続けていければと思っている。いつだって、プレッシャーのかかる場面や責任感を持つことは好きだった。こんなにも多くの人に認められ、愛されていることを誇りに思うよ」

 最後に、モドリッチはファン・サポーターに向けてコメント。CL決勝戦での勝利を誓った。

「応援してくれる全てのマドリディスタの方々に感謝したい。楽しいことだけでなく、時には苦しみを与えてしまったこともある。けれども、最終的に勝利すると全てが美しくなるんだ。僕らには重要な試合がまだ残っている。最後の力を振り絞って、すべてを出し切るよ。優勝した後にベルナベウで再会して、共にトロフィーを掲げ、素晴らしい思い出を作ろう」