名古屋、MF甲田英將の左膝外側半月板損傷および手術を発表…全治は約3カ月
拡大する(全1枚)
 名古屋グランパスは26日、MF甲田英將の負傷および手術実施を発表した。

 発表によると、甲田は18日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ・グループB第6節 徳島ヴォルティス戦で負傷。検査の結果、左膝外側半月板損傷と診断され、24日に手術を実施したことを明らかにしている。なお全治は手術日から約3カ月と伝えている。

 現在18歳の甲田は名古屋グランパスの育成組織出身で2月に行われたルヴァンカップ・グループB第2節 清水エスパルス戦でトップチームデビュー。ここまで公式戦9試合に出場するとともに、U-22日本代表に飛び級で選出されている。