仏代表MFチュアメニ、レアル移籍決定はまもなく? 約110億円でモナコと合意間近か
拡大する(全1枚)
 モナコに所属するフランス代表MFオーレリアン・チュアメニは、レアル・マドリードへの移籍に近づいているようだ。30日にフランスメディア『RMC』が報じた。

『RMC』は先日、チュアメニとレアル・マドリードが5年契約で合意したことを報じていた。同メディアによると、クラブ間でも合意が間近に迫っており、モナコはレアル・マドリードが提示した8000万ユーロ(約110億円)+ボーナスのオファーを受け入れる見込みだという。また、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長自ら、交渉を主導しているとのこと。

 守備的MFを本職とするチュアメニは現在22歳。ボルドーの下部組織出身で、2020年1月にモナコへと完全移籍した。昨シーズンにブレイクを果たすと、今季も公式戦50試合に出場し、2シーズン連続となるリーグ・アン3位フィニッシュに貢献した。また、2021年9月にデビューを飾ったフランス代表では、すでに8キャップを数えている。