U19日本代表の2戦目はスコアレスドロー…PK戦で全員失敗、勝ち点1獲得
拡大する(全1枚)
 第48回モーリスレベロトーナメントのグループステージ第2節が3日に行われ、U-19日本代表はU-21コモロ代表と対戦した。

 5月31日に行われた初戦ではU-21アルジェリア代表と対戦。冨樫剛一監督が新型コロナウイルス陽性で不在のなか、57分に北野颯太が挙げた虎の子の1点を守りきり、白星スタートを切った。

 コモロ戦も船越優蔵コーチが引き続きベンチで指揮。アルジェリア戦からはスタメンを5人変更し、工藤孝太、屋敷優成、福井太智、髙橋センダゴルタ仁胡、中村仁郎がスタメンに名を連ねた。

 日本は前半、リーチとスピードで勝るコモロの身体能力に苦戦。ファイナルサードまで押し込めず、多くのシュートを打たれたが、ゼロに抑えてスコアレスで折り返す。

 後半になってからは日本も相手DFラインの背後を突けるようになり、徐々にゴールへ迫る場面が増える。81分には升掛友護が相手DFと入れ替わった升掛友護が相手GKとの一対一を迎えるが、シュートは防がれる。

 アルジェリア戦と同様にGK木村凌也を中心とした守備陣の好守が光り、0-0で試合終了。PK戦に突入する。

 先攻コモロの1人目が成功すると、日本の1人目を務めた宇野禅斗はGKにコースを読まれて止められる。コモロは2人目も成功すると、日本の2人目を務めた二田理央もGKに防がれる。コモロの3人目は木村に止められたが、日本の3人目を務めた升掛友護まで相手GKヤニック・パンドールにコースを読まれてしまう。コモロの4人目が成功し、PK戦は3-0でコモロが制した。