ウェストハム、EL4強入りに貢献したGKアレオラを完全移籍で獲得「このクラブは第2の家族」
拡大する(全1枚)
 ウェストハムは27日、2021-22シーズンにパリ・サンジェルマン(PSG)からのレンタル移籍で加入していたフランス代表GKアルフォンス・アレオラが、完全移籍でクラブに加わることを発表した。契約期間は2027年夏までの5年間で、1年間の延長オプションが付随している。

 2021-22シーズンはクラブのヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出に貢献したアレオラが、“ハマーズ”に完全移籍加入した。イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、移籍金は1,100万ポンド(約18億円)になったという。

 アレオラは1993年2月27日生まれの現在29歳。PSGの下部組織出身で、2013年5月にトップチームデビューを飾った。同シーズン終了後からはランス、バスティア、ビジャレアルへのレンタル移籍を経験。2016年夏にPSGへと復帰すると、2017-18シーズンは公式戦43試合に出場した。2019年夏にコスタリカ代表GKケイラー・ナバスが加入したことを受けて、レアル・マドリードへとレンタル移籍。翌年はフルアムでプレーした。

 ウェストハムには2021年夏に加入。ポーランド代表GKウカシュ・ファビアンスキに次ぐ第2GKとしてプレミアリーグではわずか1試合の出場にとどまったが、EL、FAカップ、カラバオ・カップの16試合でゴールマウスを守っていた。

 完全移籍加入に際し、アレオラはウェストハムのクラブ公式サイトでコメントを発表している。