カズ所属の鈴鹿、Jリーグ百年構想クラブの資格が失格…ガバナンス改善など解除条件満たず
拡大する(全1枚)
 Jリーグ公式は28日、鈴鹿ポイントゲッターズのJリーグ百年構想クラブの資格を失格すると発表。同日開催の理事会にて決定された。

 Jリーグ公式によると、「鈴鹿ポイントゲッターズは、2022年2月28日に開催した第2回理事会にて、懲罰の対象となりうる行為の発覚、ならびにクラブのガバナンス体制に不備があると判断しうる複数の事情が認められるなど、Jリーグ百年構想クラブ規程第7条第1項第1号に定める「Jリーグの目的に反する行為」が認められたことから、Jリーグ百年構想クラブの資格について解除条件付きの資格停止となった。

解除条件として、クラブがガバナンス体制を改善する意思があり、2022年6月のJ3ライセンス申請期限までに入会を認め得る状況に改善する可能性があることを前提に、「ガバナンス体制の改善」ならびに「ステークホルダーからの支援継続」が実効的に機能し実践されているとJリーグ理事会において判断されることが必要であったが、2022年6月28日の第6回理事会において、ガバナンスの改善に至ると客観的に判断できうるまでの十分な体制構築が行われていないことから、解除条件を満たすことができないと判断した」と発表している。

 鈴鹿は昨年、元クラブ執行役員・塩見大輔氏が自身のTwitterで「西岡保之会長による負け試合指示」といった不正を行なってきたと告発を続けていた。