国際親善試合が7日に行われ、ポルトガル女子代表となでしこジャパン(日本女子代表)が対戦した。

 7月に開幕するFIFA女子ワールドカップオーストラリア&ニュージーランド2023に向けて、国外での強化試合は4月の2試合が最後になる日本(FIFAランキング11位)。
プレーオフ経由でワールドカップ初出場を決めたポルトガル(FIFAランキング21位)とアウェイの地での試合に臨んだ日本は熊谷紗希がベンチスタート。3バックは右から宝田沙織、三宅史織、南萌華が並び、キャプテンマークは清水梨紗が巻いた。また2月にアメリカで行われたSheBelieves Cupでは招集外だった猶本光がシャドー、田中美南がトップの位置で先発に起用された。

 中央を閉められ、なかなか効果的なボール保持ができない日本はセットプレーからゴールをうかがうが、結びつかず。一方でポルトガルは25分、日本の形である高い位置からのプレスに対してDFラインからロングボールを送るとジェシカ・シルバが抜け出して、ラストパスをアナ・カペタが押し込んで先制に成功。直後にもDFライン裏を突いて決定機を創出したが、GK山下杏也加が好セーブで阻んだ。


 先制を許した日本は35分、南から左サイド高い位置を取っていた杉田妃和へ縦パスをつけると、ペナルティエリア内左に飛び出した田中へとスルーパス。折り返しをニアに飛び込んだ長谷川唯が押し込んで同点とした。

 1-1で前半を終えた日本は、ハーフタイムに宝田に代えてA代表デビューとなる守屋都弥を投入。清水を右センターバックに下げ、守屋が右ウイングバックに入った。その下がった清水を攻撃の起点とする形が何度か見られた日本は53分、清水から中央の長谷川につけるとDFライン裏にミドルパスを送る。抜け出した田中がGKとの1対1をシュートを浮かせて制し、逆転に成功した。


 その後もチャンスを作る日本だが得点には至らず。76分に清家貴子と宮澤ひなたを投入し、清水と三宅のセンターバック、右に守屋、左に南を置く4-4-2にシフト。3バックをベースにしばらく戦ってきた日本としては、ワールドカップ前にオプションを試す形となった。試合はそのまま終了し、2-1で日本が勝利。SheBelieves Cupのカナダ女子代表戦に続く、親善試合連勝となった。

 日本はデンマークへと移動し、ワールドカップに出場するデンマーク女子代表と11日に対戦する。


【スコア】
ポルトガル 1-2 日本

【得点者】
1-0 25分 アナ・カペタ(ポルトガル)
1-1 35分 長谷川唯(日本)
1-2 53分 田中美南(日本)

【スターティングメンバー】
日本(3-4-2-1)
山下杏也加;宝田沙織(HT 守屋都弥)、三宅史織、南萌華;清水梨紗、長谷川唯、長野風花、杉田妃和(76分 清家貴子);猶本光(58分 岩渕真奈)、藤野あおば(76分 宮澤ひなた);田中美南(58分 植木理子)