バイエルンは13日、シュトゥットガルトから日本代表DF伊藤洋輝を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2028年6月末までの4年間となった。


 また1人、日本代表戦士が欧州屈指の名門クラブに加入することとなった。2023-24シーズンを12年ぶりの無冠という不本意な結果で終え、38歳のヴァンサン・コンパニ監督の下での再出発を決断したバイエルンは、今夏の移籍市場で最終ラインの補強を画策。様々な選手への関心が報じられたなか、シュトゥットガルトに契約解除金の3000万ユーロ(※約51億円)を支払い、短期間で伊藤の獲得に漕ぎ着けた。

 1999年5月12日生まれで現在25歳の伊藤は、ジュビロ磐田の下部組織出身で2018年にトップチームへ昇格。名古屋グランパスでの“武者修行”を経験しつつ、公式戦通算63試合に出場すると、2021年夏にはシュトゥットガルトへレンタルで加入し、翌年夏に完全移籍へ移行した。同クラブではセンターバック(CB)や左サイドバック(SB)を主戦場に公式戦通算97試合に出場し2ゴール5アシストをマーク。
2023-24シーズンも主力として活躍し、ブンデスリーガ2位と躍進を遂げたチームを支えた。

 また、2022年6月にデビューを飾った日本代表ではここまで国際Aマッチ通算19試合に出場し1ゴール2アシストをマーク。FIFAワールドカップカタール2022やAFCアジアカップカタール2023のメンバーにも名を連ねた。

 バイエルン加入が正式決定した伊藤は、クラブ公式サイトを通じて次のようなドイツ語のコメントを発表している。

「世界最大のクラブの一つでプレーできることを大変光栄に思います。バイエルンという名前は日本にも轟いています。
私はシュトゥットガルトで常に全力を尽くしてきたし、クラブに感謝しています。ミュンヘンでの挑戦を楽しみにしており、バイエルンが多くのタイトルを獲得できるよう自分の役割を果たしたいと思っています。新たな一歩を踏み出す時が来ました。私にとってバイエルンは完璧なクラブです」


【プレー映像】伊藤洋輝のシュトゥットガルトでのプレー集