AFA(アルゼンチンサッカー協会)は15日、コパ・アメリカ2024に臨むアルゼンチン代表メンバー26名を発表した。

 ここまで行われた6月の代表活動では、29名の選手を招集し、コパ・アメリカ2024に向けて調整を続けてきたアルゼンチン代表。
既に大会開催地のアメリカ入りしており、現地時間9日にはエクアドル代表と対戦。前半終盤にFWアンヘル・ディ・マリアが決めた得点が決勝弾となり、1-0で勝利していた。加えて、14日にはグアテマラ代表と激突。開始直後にオウンゴールで先手を取られたものの、FWリオネル・メッシとFWラウタロ・マルティネスの2得点で逆転に成功し、4-1と大勝していた。

 グアテマラ戦から一夜が明け、リオネル・スカローニ監督はコパ・アメリカ2024に臨む最終的な26名のメンバーを決断した。5月20日に発表された29名のメンバーから3名が落選。
マルセイユで不動のセンターバックとして活躍したことで昨年6月以来およそ1年ぶりのアルゼンチン代表復帰を果たしたDFレオナルド・バレルディ、今年1月にボカ・ジュニオルスからブライトンへ完全移籍し、3月に代表デビューを飾った19歳のDFバレンティン・バルコ、そしてアトレティコ・マドリードで10番を背負い、昨年9月以来に代表へ舞い戻ったFWアンヘル・コレアの3名が外れた。

 メッシ、ディ・マリア、DFニコラス・オタメンディの“ベテラン組”を筆頭に、MFアレクシス・マック・アリスター、MFエンソ・フェルナンデス、FWフリアン・アルバレスらの主力は順当にメンバーに名を連ねた。

 基本的にはFIFAワールドカップカタール2022で優勝を飾った時のメンバーが中心となっており、当時から変わったのは5名のみ。その5名のうち、FWニコラス・ゴンサレスは本大会メンバーに選ばれたが、開幕直前に無念の負傷離脱を強いられた選手で、MFジオヴァニ・ロ・チェルソも選出が濃厚と見られながらも、ケガでカタール行きが叶わなかった。DFルーカス・マルティネス・クアルタも候補メンバーには入っていたことを考えると、完全な“新顔”として今回入ってきたのは2名のみ。FWバレンティン・カルボーニ、FWアレハンドロ・ガルナチョが次世代を担う“ニュースター”として、初のメジャートーナメントに参戦する。


 コパ・アメリカ2024は、6月20日から7月14日にかけてアメリカにて開催される。大会連覇を狙うアルゼンチン代表はグループAに組み込まれた。カナダ代表、チリ代表、ペルー代表と対戦する。

 今回発表されたアルゼンチン代表メンバー26名は下記の通り。

■アルゼンチン代表
▼GK
フランコ・アルマーニ(リーベル・プレート)
ヘロニモ・ルジ(アヤックス)
エミリアーノ・マルティネス(アストン・ヴィラ/イングランド)
▼DF
ゴンサロ・モンティエル(ノッティンガム・フォレスト/イングランド)
ナウエル・モリーナ(アトレティコ・マドリード/スペイン)
クリスティアン・ロメロ(トッテナム/イングランド)
ヘルマン・ペッセージャ(ベティス/スペイン)
ルーカス・マルティネス・クアルタ(フィオレンティーナ/イタリア)
ニコラス・オタメンディ(ベンフィカ/ポルトガル)
リサンドロ・マルティネス(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
マルコス・アクーニャ(セビージャ/スペイン)
ニコラス・タグリアフィコ(リヨン/フランス)
▼MF
ギド・ロドリゲス(ベティス/スペイン)
レアンドロ・パレデス(ローマ/イタリア)
アレクシス・マック・アリスター(リヴァプール/イングランド)
ロドリゴ・デ・パウル(アトレティコ・マドリード/スペイン)
エセキエル・パラシオス(レヴァークーゼン/ドイツ)
エンソ・フェルナンデス(チェルシー/イングランド)
ジオヴァニ・ロ・チェルソ(トッテナム/イングランド)
▼FW
アンヘル・ディ・マリア(ベンフィカ/ポルトガル)
バレンティン・カルボーニ(モンツァ/イタリア)
リオネル・メッシ(インテル・マイアミ/アメリカ)
アレハンドロ・ガルナチョ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ニコラス・ゴンサレス(フィオレンティーナ/イタリア)
ラウタロ・マルティネス(インテル/イタリア)
フリアン・アルバレス(マンチェスター・シティ/イングランド)


【ゴール動画】アルゼンチン、コパ・アメリカ前最後のテストマッチをチェック!