2024明治安田J1リーグ第18節が16日に行われ、ガンバ大阪柏レイソルが対戦した。

 3連勝中のG大阪が、連敗中で3試合勝利のない柏を『パナソニックスタジアム吹田』に迎えての一戦。
試合の均衡が破れたのは15分、G大阪が先制点を獲得する。ペナルティエリア左でパスを引き出した宇佐美貴史は、寄せてきた相手DFを冷静にかわし、右足でゴール右下へと流し込んだ。

 追いかける展開となった柏は23分、ジエゴのクロスを収めた木下康介が浮き球シュートでゴール右隅を狙ったものの、ポストに直撃。すると26分、G大阪がリードを広げる。フリーキックのこぼれ球に反応した鈴木徳真のシュートがウェルトンに当たってコースが変わると、山田康太がすかさず反応して古巣相手にゴールを奪った。

 2点ビハインドで折り返した柏は、後半から反撃開始。
79分、G大阪の堅守をこじ開けて1点を返す。戸嶋祥郎の縦パスを細谷真大がワンタッチでフリック。これに反応したジエゴがDFラインの背後に抜け出し、相手GKとの一対一を制した。

 柏は同点を目指したが、うまく時計の針を進めたG大阪が逃げ切りに成功して2-1で勝利した。G大阪はリーグ戦4連勝、柏は3連敗となった。次節は22日に行われ、G大阪はホームでヴィッセル神戸と、柏はホームでサンフレッチェ広島と対戦する。


【スコア】
ガンバ大阪 2-1 柏レイソル

【得点者】
1-0 15分 宇佐美貴史(G大阪)
2-0 26分 山田康太(G大阪)
2-1 79分 ジエゴ(柏)


【ゴール動画】G大阪・宇佐美貴史、キレキレドリブルから先制点!