EURO2024・グループE第1節が17日に行われ、ルーマニア代表とウクライナ代表が対戦した。

 2大会ぶり6度目のEURO出場となるルーマニア。
予選・グループIでは6勝4分無敗という成績を残し、国際舞台での実績豊富なスイス代表を抑え、首位で本大会への切符を獲得した。ベスト8進出を果たした2000年大会以来のグループステージ突破、そして本大会24年ぶりの白星を目指す。

 対するウクライナは3大会連続4度目の出場。イングランド代表、イタリア代表と同居した予選グループCで3位となり、プレーオフでボスニア・ヘルツェゴビナとアイスランドを撃破し、本大会への出場権を手にした。母国が戦禍に巻き込まれるなか、オレクサンドル・ジンチェンコやミハイロ・ムドリク、アルテム・ドフビクら実力者を擁するチームが狙うはベスト8に進出した前回大会に続くグループステージ突破、そして決勝トーナメントでの躍進だ。

 序盤はウクライナがボールを保持する展開に。
守備時の4バックから可変した3バックを起点にビルドアップしつつ、ミドルブロックを形成したルーマニアDFラインの背後を狙うロングフィードも織り交ぜチャンスをうかがう。20分時点でのボール保持率は70%を記録し、ムドリクやヘオルヒー・スダコフが時折良い形で起点を作るも、ルーマニアの守備を崩し切るまでには至らず。バイタルエリアの攻略に苦戦し、決定機を作ることができない。

 対するルーマニアはカウンターやサイドからのシンプルなクロスで何度か相手ゴールに迫る。29分には前線からの積極的なプレスで相手GKアンドリー・ルニンのキックミスを誘発すると、ボックス手前中央でパスを受けたニコラエ・スタンチュが右足を一閃。狙い澄ましたシュートがゴール左上隅に突き刺さり、先制に成功した。
その後も右から仕掛けたデニス・マンが際どいシュートを放ち、スタンチュの左CKが直接クロスバーを叩くなど惜しいシーンを作る。

 1点ビハインドのウクライナは右CKの流れで放たれたムドリクのボレーや、ドフビクのポストプレーからゴールに迫るも、同点ゴールを奪うことができず。前半はこのままルーマニアの1点リードで折り返した。

 後半の立ち上がりもウクライナが主導権を握り、ムドリク、スダコフ、ヴィクトル・ツィガンコフにボールを集める。しかし53分、ルーマニアがカウンター攻撃を発動すると、ラズバン・マリンが放ったミドルシュートが、GKルニンの手の下を抜けてネットに突き刺さり追加点を奪う。さらに勢いに乗るルーマニアは57分、マンが巧みなドリブルでボックス内へ侵入し、速い折り返しをデニス・ドラグシュがダイレクトで合わせ、リードを3点に広げた。


 苦しい展開となったウクライナは62分に3枚替えを敢行。65分には投入されたばかりのアンドリー・ヤルモレンコがFKのこぼれ球を広いシュートを放ったが、枠の上に外れてしまう。73分には左サイドを崩し、抜け出したヤルモレンコがグラウンダーで中央へ折り返すも、ドフビクの手前でラドゥ・ドラグシンにクリアされ、ネットを揺らすことはできない。その4分後にはスダコフがボックス手前中央からミドルシュートを放ったが、相手GKにセーブされた。

 その後もムドリクらがチャンスを迎えたウクライナだったが、最後まで追撃の1点を奪うことができず。試合は3-0で終了し、ルーマニアがEURO本大会で24年ぶりの白星を飾った。
次節、ルーマニアは22日にベルギー代表と、ウクライナは21日にスロバキア代表と対戦する。

【スコア】
ルーマニア代表 3-0 ウクライナ代表

【得点者】
1-0 29分 ニコラエ・スタンチュ(ルーマニア代表)
2-0 53分 ラズバン・マリン(ルーマニア代表)
3-0 57分 デニス・ドラグシュ(ルーマニア代表)

【スターティングメンバー】
ルーマニア代表(4-1-4-1)
GK:ニツァ
DF:ラティウ、ドラグシン、ブルカ、バンク
MF:M・マリン(75分 ルス)、マン(62分 ハジ)、スタンチュ(87分 ラコヴィシャン)、R・マリン、コマン(62分 ミハイラ)
FW:ドラグシュ(75分 プスカシュ)

ウクライナ代表(4-2-3-1)
GK:ルニン
DF:コノプリャー(72分 ティムチク)、ザバルニー、マトヴィエンコ、ジンチェンコ
MF:ステパネンコ(62分 ブラツコ)、シャパレンコ(63分 ヤレムチュク)、ツィガンコフ(63分 ヤルモレンコ)、スダコフ(83分 マリノフスキー)、ムドリク
FW:ドフビク