ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル/サウジアラビア)が、史上初最多となる6度目のEURO出場を果たした。18日、欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が伝えている。


 C・ロナウドは19歳でEURO2004に出場して以来、5大会連続でEUROに出場しており、これまで最多出場数、最多ゴール数などの記録を樹立するなど、存在感を示してきた。

 そんななか、15日に行われたスペイン代表戦にクロアチア代表MFルカ・モドリッチが出場したことで5大会というEURO出場記録に並ばれていたC・ロナウドだが、EURO2024初戦となった18日に行われたチェコ代表戦に出場したことで、史上初となる6度目のEURO出場記録を樹立した。

 なお、同胞のDFペペは41歳113日というEURO史上最年長出場記録を更新したものの、モドリッチと並んで5大会目の出場となっており、C・ロナウドは単独で史上最多の6度目のEURO出場記録を打ち立てている。


【ハイライト動画】ポルトガル代表vsチェコ代表