EURO2024・グループA第2節が19日に行われ、ドイツ代表とハンガリー代表が対戦した。

 開催国として7大会ぶり4度目の優勝を狙うドイツ代表。
初戦となったスコットランド代表戦では攻撃陣が爆発し、合計5ゴールを挙げて見事な白星発進を飾った。連勝を狙う一戦に、チームを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督は前節と同じ11名を先発起用している。対するは、3大会連続の本戦出場を勝ち取ったハンガリー代表。初戦ではスイス代表に1-3と敗れており、決勝トーナメント進出に向けて負けられない状況でドイツ代表戦を迎えた。

 試合は、開始直後のファーストプレーでハンガリー代表がチャンスを作る。キックオフからすぐにハンガリー代表がボールを奪い、右サイドからドイツ代表のペナルティエリア内にロングパスが送られる。
競り合ったヨナタン・ターのヘディングが後方に逸れると、DF2枚が見合った隙を逃さずにロランド・シャライがゴール前に突破。しかし、飛び出してきたマヌエル・ノイアーによって防がれた。

 一方のドイツ代表も、11分に最終ラインからボールを繋ぎ、センターバックのアントニオ・リュディガーが前線へとフィードを供給。走り出したカイ・ハフェルツがマーカーの前に入れ替わって右足でゴールを狙うが、GKグラーチ・ペーテルが至近距離のシュートをセーブした。

 すると、22分にドイツ代表がスコアを動かす。敵陣内でインターセプトしたリュディガーがフロリアン・ヴィルツにパスを送り、ボックス手前のジャマル・ムシアラにボールを差し込む。
そのままペナルティエリア内にスプリントしてきたイルカイ・ギュンドアンへと繋ぐが、ボールをロスト。しかし、すぐさま自ら奪い返して繋ぎ直すと、ムシアラが冷静に流し込んでドイツ代表が先制に成功した。

 リードを許したハンガリー代表は、26分にボックス左角でフリーキックを獲得し、ドミニク・ソボスライが直接ゴールを狙ったものの、GKマヌエル・ノイアーがストップ。ドイツ代表も、44分に細かいパスワークからムシアラがミドルシュートを放つが、わずかにボールは枠の右へと外れた。

 そんななか、前半ATにハンガリー代表が再びセットプレーから決定機を迎える。左サイドでフリーキックを獲得すると、キッカーを務めたソボスライがインスイングのクロスを蹴り入れる。
ヴィリ・オルバンが頭で合わせたシュートはGKノイアーに防がれるが、セカンドボールをシャライが押し込みネットを揺らす。だが、判定はオフサイドで得点は認められなかった。

 67分には、ドイツ代表がさらにリードを拡大。フィールドプレーヤー全員がハンガリー代表陣内深くに入り込んで波状攻撃を仕掛けると、トニ・クロースの縦パスを受けたムシアラが左サイドに展開する。マクシミリアン・ミッテルシュテットが折り返し、マイナスで待ち受けていたギュンドアンがワンタッチで決め切って貴重な追加点をマークした。

 結局、試合はそのまま2-0で終了。
勝利したドイツ代表がグループステージ突破に大きく前進した。グループA最終節は23日に行われ、ドイツ代表はスイス代表と、ハンガリー代表はスコットランド代表と対戦する。

【スコア】
ドイツ代表 2-0 ハンガリー代表

【得点者】
1-0 22分 ジャマル・ムシアラ(ドイツ代表)
2-0 67分 イルカイ・ギュンドアン(ドイツ代表)