“ラ・デシマ”に導いたレアル監督「ゴールが私たちに力をくれた」

“ラ・デシマ”に導いたレアル監督「ゴールが私たちに力をくれた」
 24日に行われたチャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリードアトレティコ・マドリードと対戦した。1-1で90分間を終え、延長戦に突入した同試合は、レアルが延長後半に3ゴールを決め4-1で勝利した。

 今回の優勝でレアルを“ラ・デシマ”(10度目の欧州制覇)達成に導いた、カルロ・アンチェロッティ監督は試合後、次のようにコメントしている。クラブ公式HPが伝えている。

「このカップはレアルにとってとても重要だ。ファンのために勝つことができて、とても誇りに思う。いつもサポートしてくれるファンが喜んでくれることが、私たちにとっての喜びだ」

「ハーフタイムに、より速くプレーすることと、前線にもっとアイディアを持つようにと話したよ。だが同点に追いつくのが1番難しかった。なぜならアトレティコの守備を深くまで攻め込まなければならなかったから。スペースがあまりなく、アトレティコはとてもいい守備をしていた。最後の最後に全力を出し切って同点に追いつくことができ、そこから我々の情熱と共に試合の状況は変わった。ゴールが私たちに力をくれたよ。ベイルのゴールはとても重要だった。彼は何回かチャンスがあったけど、ゴールの前では運がなかった。でも必要な時に決めてくれた。今シーズンを通してベイルはとても良かったし、来シーズンもっと良くなると思うよ」

「シメオネとは話したよ。試合前にも後にもリーガ優勝おめでとうと伝えたよ。いつも全力で戦うチームをとても尊敬する。アトレティコは決勝にふさわしいチームだったが、最終的には我々が勝利に値した」

「国王杯の決勝はとても難しかったが、今回も同じだった。とても良いシーズンになった。この試合でも見せたが、プロ意識をもった素晴らしい選手たちがこのチームに集まっている。試合に出場でき喜んでいる選手だけでなく、プレーしていない選手も含めてだ。我々はこのタイトルを獲得するため、今シーズン大いに努力してきた」

 アンチェロッティ監督は、ユヴェントス、ミラン、チェルシー、パリSGなどのクラブで指揮を経験。今シーズンからレアルの監督を務めており、コパ・デル・レイとチャンピオンズリーグの2冠達成に導いている。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2014年5月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。