終盤2発の国士舘大が逆転勝利…中央大、83分から守備が崩れる/関東大学リーグ

終盤2発の国士舘大が逆転勝利…中央大、83分から守備が崩れる/関東大学リーグ
文=内藤悠史

 関東大学1部リーグ第10節が24、25日に各地で行われた。川口市青木町公園総合運動場では、24日の第1試合で国士舘大学と中央大学が対戦した。

 9試合を終えて3勝3分け3敗の国士舘大と、1勝2分け6敗の中央大。前期日程終了まで残り2試合、一つでも順位を上げたい両チームの一戦は、終盤に点を取り合う展開となった。1点ビハインドで迎えた83分から国士舘大が2点を奪い、2-1と逆転勝利。連敗を2で止め、中央大は3戦勝ちなしとなった。

 前節からの勢いをそのまま反映したかのような展開で、試合は始まった。第9節、早稲田大に88分にダメ押しゴールを決められて敗れた国士舘大に対し、明治大を相手に93分に同点ゴールを挙げて引き分けに持ち込んだ中央大が、積極的に攻勢をかける。開始1分にオープニングシュートを放つと、9分には相手の最終ラインでのミスを突き、FW内田祐介(2年・ヴィッセル神戸U-18出身)がボールをカット。ドリブルでペナルティーエリア内に持ち込み、シュートを打ったものの、GK大谷友之祐(4年・瀬戸内高校出身)に阻まれた。

 国士舘大の細田三三監督は、「全くもって相手のペースだった。3点くらい取られていてもおかしくなかった」と、回想。一方、中央大の白須真介監督は、「前半の早いうちにチャンスを作れたが、そこで決めていれば」と、振り返った。試合後のコメントが物語るとおり、決めるべきところで決められなかったツケが、最終的に結果に響くこととなった。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2014年5月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。