ランパードの代表引退にイングランド指揮官「残念だが受け入れる」

ランパードの代表引退にイングランド指揮官「残念だが受け入れる」
 イングランドサッカー協会は26日、MFフランク・ランパードが代表引退を表明したと発表した。同選手の決断に対し、イングランド代表を率いるロイ・ホジソン監督がコメントを残している。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 ランパードは1999年の初招集以降、イングランド代表として通算106試合に出場。ドイツ代表の優勝で幕を閉じたブラジル・ワールドカップを最後に、代表のユニフォームに別れを告げた。

 ホジソン監督は「100試合以上に出場するというのは、限られた選手しか成し遂げられない」とコメント。また、「彼は15年もの間、本当にイングランド代表のために尽くしてくれた。残念だが、私は彼が下した決断を受け入れ、理解する」と述べ、同代表を長年支えてきたランパードに感謝を示した。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2014年8月27日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。