GKハートの去就に言及するマンC指揮官「残留を望んでいるはず」

GKハートの去就に言及するマンC指揮官「残留を望んでいるはず」
 マンチェスター・Cを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督が、イングランド代表GKジョー・ハートとの契約について口を開いた。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 同メディアによれば、ハートとマンチェスター・Cの契約は2016年までとなっており、現在は延長に向けて交渉が行われている模様。ペジェグリーニ監督は「正しい時期に考え、正しい結果を手にしたい」とコメント。さらに、「私はジョーがクラブに残りたいと考えていると思う。そして、クラブも彼の残留を望んでいる」と語った。

 また、今夏の移籍市場でマラガから加入した元アルゼンチン代表GKウィリー・カバジェロの存在が、ハートのモチベーションに影響を与えたのかを問われたペジェグリーニ監督は「ウィリーの挑戦を受けているわけではない。イングランドのナンバーワンGKとして応えている」と主張。「昨シーズンの最初の3カ月を除き、彼は常に優れたプレーを見せているよ」と続け、ハートのパフォーマンスを称賛していた。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2014年10月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。