アグエロが自伝でバロテッリに言及「みんな彼が大好きだった」

アグエロが自伝でバロテッリに言及「みんな彼が大好きだった」
 マンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは、25日に出版された自伝のなかで、2011年から2013年までチームメイトだった、現在リヴァプール所属のFWマリオ・バロテッリとの逸話を語った。24日付のイギリス紙『デイリー・ミラー』が内容の一部を掲載している。

 アグエロは、自伝『セルヒオ・クン・アグエロ:ボーン・トゥ・ライズ-マイ・ストーリー』の中で、バロテッリについて「いまだにマリオ・バロテッリがシティにいないことを寂しく思うよ。彼は僕らを楽しませてくれた。みんな彼が少しクレイジーなことはわかっていたよ。いつもバカなことを考えては、やろうとしていたね。彼をからかわずにはいられなかったし、変なあだ名で彼を呼んでイジっていた。でも彼は僕が彼のことを大好きなことを知っていたし、みんな彼のことが大好きだった」と、同選手との思い出を振り返った。

 同選手の異常ともとれる行動について「彼のおかしな行動は、きっと何か異質な気持ちとか不安からきていると思う。彼は、誰も自分のことを愛してくれなかったと言っていたし、本当にそうだったんだと思う」とつづり、同選手の家庭環境に原因があることを推測している。

 ある日の出来事について、アグエロは「彼はこんなことを言ってきたんだ。『トレーニングに向かっているだけなのに警察が俺の後をつけて、俺と話をしたいと言ってくる』と言っていたから、僕は『変だな!スピード違反か、車を誰かにぶつけたりでもしたんじゃない?』と言ったんだ。でもその後も時々、クラブの受付にまで警察からの面会要請が届いていて、彼は『警察のクソヤロー!』って叫んでいたよ。それからは、警察の前を通るときはビクビクしながら、慎重に、そそくさと運転していたね」と、バロテッリが執拗に警察に追われていたことに疑問を抱いた。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2014年10月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。