【インタビュー】史上最速でJ加入、 SC相模原の望月重良が開くクラブ代表という新たな道

【インタビュー】史上最速でJ加入、 SC相模原の望月重良が開くクラブ代表という新たな道
写真=兼子愼一郎 インタビュー・文=小谷紘友

 システマチックに時が流れる現代のサッカー界でも、稀におとぎ話のような物語が紡がれる。

 駅前にある小料理屋での会話に端を発して、2008年2月に一つのクラブが誕生した。神奈川県社会人リーグの最下位カテゴリーにあたる県3部からスタートして6年。2014年には、ついにJ3参入を果たした。今季も、日本代表のエースとして君臨したFWとブラジル代表招集歴を持つ大物ボランチを、相次いで獲得に成功している。

 夢物語に衰勢は見られない。しかし、SC相模原の軌跡は当然ながら現実である。クラブの代表を務める望月重良氏に話を聞くと、史上最速となる創設6年でJリーグ加入を成し遂げた道のりも、決して平坦なものではなかった。

クラブを作って自分で運営していくことも、一つのサッカー人生

――J3は今季から創設され、リーグもクラブも試行錯誤だと思います。開幕前に想像していた以上に難しかった面はありましたか?
「成績という面(第29節終了時点で6位)では、最後まで優勝争いに関わっていたかったですね。夏を過ぎたあたりから、上位との勝ち点差が開いてしまい、常に中位にいるような状況になってしまいました。初代王者を狙うという目標を掲げたシーズンでしたので、少し不甲斐なさは感じます」

――昨季はJFLに所属していましたが、J3とJFLの差はどういったところにありますか?
「チーム数が少なくなり、リーグのレベルは上がったと思います。昨季のJFLは18チームが所属していたこともあり、上位と下位で差がありましたが、J3は12チームということで、その差がより詰まった感じはしましたね」

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2014年10月27日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。