バルサ、レヴァークーゼンの独代表ベンダー獲得へ44億円用意か

バルサ、レヴァークーゼンの独代表ベンダー獲得へ44億円用意か
 レヴァークーゼン所属のドイツ代表MFラース・ベンダーにバルセロナ移籍の噂が浮上している。
 
 スペイン紙『スポルト』が報じた内容によると、バルセロナは移籍の噂が浮上している元スペイン代表MFシャビの後釜としてベンダーの獲得を考えており、最大で3000万ユーロ(約44億円)の移籍金を支払う準備をしているという。

 またルイス・エンリケ監督のプランとして、仮にシャビが退団した場合、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケツを同選手のポジションに据え、ブスケツがこれまで務めていた中盤の底は、1対1に強く守備能力が高いベンダーに担わせるつもりとのことだ。

 同紙は「ベンダーは既に、自身がスペインから興味を持たれていることを知っている」とも記しているが、しかしレヴァークーゼンのミヒャエル・シャーデCEOはドイツ紙『ビルト』に対し、「バルセロナからは何の連絡も受けていない。それに我々の選手リストを変えるつもりもない」とコメントしており、いまだ噂の域を出ない話ではある。だが、一部ではバルセロナのスポーツディレクターであるアンドーニ・スビサレッタ氏がレヴァークーゼンのスタジアムを訪れ、直々にベンダーのプレー内容をチェックしたという情報もある。

 ベンダーは昨年10月にレバークーゼンとの契約を2019年まで延長し、現在は同クラブの看板選手となっている。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2014年11月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。