中田浩二、柳沢敦の相次ぐ引退…2002年日韓W杯出場23人の現在

中田浩二、柳沢敦の相次ぐ引退…2002年日韓W杯出場23人の現在
拡大する(全1枚)
 3日、元日本代表DF中田浩二が現役引退を発表したのに続き、4日には同FW柳沢敦が引退することを決めた。

 両選手は鹿島アントラーズの黄金期を支えたメンバーであり、2002年日韓ワールドカップにも出場し、ベスト16進出に貢献した。同大会に出場した23選手の現在を紹介する。

■GK 1 川口能活(出場時26歳、現在39歳)
 1994年、横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に入団。日韓W杯時は日本人GK初となる海外移籍となったポーツマスに在籍していた。2005年にノアシェランからジュビロ磐田に移籍し、帰国。2014シーズンはFC岐阜へと移籍し、リーグ戦37試合に出場した。

■DF 2 秋田豊(出場時32歳、現在44歳)
 1993年から2003年まで鹿島でプレーした秋田は、名古屋グランパス京都サンガF.C.を経て、2007シーズン終了後に現役を引退。指導者の道へと進み、京都や町田ゼルビアの監督を務めるなどした。現在はサッカー解説者を務めている。

■DF 3 松田直樹(出場時24歳、享年34)
 横浜FMで16年プレーした松田。日韓W杯時は、フィリップ・トルシエ監督の代名詞とも言えるフラット3を形成し、監督からの強い信頼を得ていた。2011年に松本山雅FCへ加入。しかし同年8月2日の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、2日後の4日に34歳の若さで他界した。

■DF 4 森岡隆三(出場時26歳、現在39歳)
 1994年の鹿島入団後、翌年途中で
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「鹿島アントラーズ」に関する記事

「鹿島アントラーズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鹿島アントラーズ」の記事

次に読みたい「鹿島アントラーズ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク