【現地記者分析】本田圭佑 背番号「10」の試練

【現地記者分析】本田圭佑 背番号「10」の試練
【サッカーゲームキング2015年4月号増刊 『CALCiO2002』掲載】

シーズン序盤こそ好調だった本田圭佑とミランだが、その後はペースを落とし、今は不振に苦しんでいる。本田に対するフィリッポ・インザーギの信頼は変わらないが、指揮官自身も今では立場を危うくしている。もともとミランは開幕から問題を抱えていたが、本田のゴールラッシュによってそれは隠蔽されていた。チームが調子を崩すと、本田は自己犠牲精神を過剰に発揮してしまい、そのために彼自身も道に迷ったのである。


Text by Giovanni Battista OLIVERO

理想を模索し迷走するミラン 帆を失った小舟のような本田
 セリエA第24節のミランvsチェゼーナ。ロッソネーリにとってこの2カ月で2つ目となる勝利を告げるホイッスルが鳴る。本田圭佑は足早にロッカールームへとつながるトンネルへと足を運んだ。その表情からは、勝利の喜びも、控え選手となったことへの不満も見えてこない。ミランの背番号10は、いつもと同じように淡々と振る舞っていた。

 今シーズンの本田にとって、ベンチに座ったままプレーしなかったのはこの試合が初めて。アジアカップでチームを離れていた時を除けば、本田はいつもミランのプレーの中心にいた。アジアカップ終了後、チームに合流してすぐのコッパイタリアでも、途中出場でピッチに送り出されていたのだ。フィリッポ・インザーギ監督からの信頼は変わらないにせよ、これは決して小さくない変化である。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 本田圭佑 Instagram
  2. 本田圭佑 SVホルン
  3. 本田圭佑 twitter
サッカーキングの記事をもっと見る 2015年3月11日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「本田圭佑 + twitter」のおすすめ記事

「本田圭佑 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「本田圭佑 + カンボジア」のおすすめ記事

「本田圭佑 + カンボジア」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「大迫勇也」のニュース

次に読みたい関連記事「大迫勇也」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。