バイエルン経営顧問、「クロップに断りを入れた」発言を謝罪

バイエルン経営顧問、「クロップに断りを入れた」発言を謝罪
 バイエルンの経営顧問を務めるヘルムト・マルクヴォルト氏が、2012-13シーズンに同クラブを三冠に導いたユップ・ハインケス監督の後任選びの際、候補として名の挙がったドルトムントのユルゲン・クロップ監督に対し、最終的には断りを入れていたと明かした件で、同氏が発言の内容を訂正し、謝罪した。

 マルクヴォルト氏は26日、ドイツのラジオ局のインタビューの中で、「彼(=クロップ監督)のことは本気で考えていた。ウリ・ヘーネス(当時の会長)から電話があり、『(ジョゼップ)グアルディオラに決めた。これからクロップに電話して、断りを入れる』と伝えられた」と発言。

 これが、“バイエルン、クロップを断っていた”として、瞬く間に大きなニュースとなったが、翌27日に騒動の発端となった張本人のマルクヴォルト氏が、「申し訳ないことをした。ドルトムントを怒らせるつもりも、ユルゲン・クロップを挑発するつもりもなかった。ちょっと言い間違えてしまった」と発言内容を訂正し、謝意を示した。

 同氏が通信社DPAに語ったところによると、当時はまだマインツの指揮官であったクロップ氏が、オットマー・ヒッツフェルト氏の後任候補として浮上した2008年の話だったとのこと。(ヒッツフェルト氏の後任には、ユルゲン・クリンスマン現米国代表監督が就任。時を同じくして、クロップ氏もドルトムントの新監督に就任した)

 バイエルンとドルトムントは、28日にDFBポカールの決勝進出をかけて激突する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2015年4月28日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。