「武藤2世」渡辺夏彦が魅せた…慶應大が逆転で首位の明治大を破る/関東大学リーグ

「武藤2世」渡辺夏彦が魅せた…慶應大が逆転で首位の明治大を破る/関東大学リーグ
文=太田直人

「うちのサッカーができた」。勝利チームの指揮官が試合後に語ったこの言葉に、全てが凝縮された試合だった。

 4日に川口誌青木町公園総合運動場で開催された、JR東日本カップ2015第89回関東大学サッカーリーグ戦1部リーグ第6節で、慶應義塾大学が首位の明治大学相手に2-1と逆転勝利を飾った。

 前節、共に黒星を喫し、是が非でも勝利を手にしたい両チームの試合は、立ち上がりから激しい展開となった。

 前半3分、慶應大MF手塚朋克の右サイドからの仕掛けから、FW加瀬澤力が頭で合わせるも相手DFにブロックされ先制ゴールとはならず。対する明治大も5分、キャプテンのFW和泉竜司がゴール前に抜け出し、GKと1対1の場面を作るがシュートは枠を外れる。

 その後、両チーム共に再三の決定機を生かせず迎えた28分、CKからMF柴戸海が頭で合わせ明治大が先制ゴールを挙げる。

 それでも、自慢の堅い守りで追加点を許さない慶應大は前半アディショナルタイム、同じくCKからDF望月大知が頭で合わせ同点。1−1で前半終えた。

 後半に入り慶應大のカウンターが鋭さを増す。62分、クリアボールに反応したFW渡辺夏彦が左サイドからドリブルで仕掛けゴール前の加瀬澤へ。慶應大の先輩、武藤嘉紀(現FC東京)のようなドリブルに、スタンドから歓声が上がる。勢いに乗った渡辺は直後の63分、手塚の仕掛けから相手DFとGKの間にこぼれたボールを、ゴールに流し込み待望の逆転ゴールを挙げた。...続きを読む

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2015年5月4日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。