シャルケ戦活躍のケルンMF長澤和輝、独誌のベストイレブンに初選出

シャルケ戦活躍のケルンMF長澤和輝、独誌のベストイレブンに初選出
 ドイツ誌『キッカー』は11日、ブンデスリーガ第32節のベストイレブンを発表し、ケルンに所属するMF長澤和輝を選出した。

 10日、長澤と日本代表FW大迫勇也が所属するケルンは、同代表DF内田篤人の所属するシャルケと対戦し、2-0で勝利した。この勝利により、ケルンは1部残留を決めている。

 長澤はこの試合に先発出場し、先制点を演出。この活躍により、同選手はチーム最高点タイの「2」と採点(最高点1点、最低点6点)され、自身初となるベストイレブンに選出された。

 キッカー誌選出、第32節ベストイレブンは以下の通り。

▼GK
ヤン・ゾマー(ボルシアMG)

▼DF
ティモシー・チャンドラー(フランクフルト)
ネヴェン・スボティッチ(ドルトムント)
トニー・ヤンシュケ(ボルシアMG)
バスティアン・オツィプカ(フランクフルト)

▼MF
クリストフ・クラマー(ボルシアMG)
パトリック・ヘアマン(ボルシアMG)
ダニエル・ディダヴィ(シュトゥットガルト)
長澤和輝(ケルン)

▼FW
ラウール・ボバディジャ(アウクスブルク)
バス・ドスト(ヴォルフスブルク)

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2015年5月12日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。