イブラヒモヴィッチのミラン復帰は困難…契約遵守で来季は残留か

イブラヒモヴィッチのミラン復帰は困難…契約遵守で来季は残留か
 パリ・サンジェルマンに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチのミラン移籍は厳しくなっていると16日、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。

 同紙は、イブラヒモヴィッチとその代理人を務めるミーノ・ライオラ氏、そしてパリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長が、カタールのドーハで3者会談を行ったと報道。

 ミランへの復帰を望んでいるとみられるイブラヒモヴィッチだが、2016年6月30日まで結んでいる契約を前にミランに移籍することは難しく、契約を遵守することとなる模様。

 また、現在イブラヒモヴィッチがパリ・サンジェルマンから受け取っている1200万ユーロ(約16億6000万円)の年俸について見直される可能性があることも同紙は報じている。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2015年6月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。