“紛れもない失態”を演じたシンガポール戦…選手の柔軟性見られず

“紛れもない失態”を演じたシンガポール戦…選手の柔軟性見られず
文=戸塚啓

 大失態である。

 6月16日に行われたシンガポールとのロシア・ワールドカップ、アジア二次予選はスコアレスドローに終わった。

 いくつかの小さな驚きが、アジア各地から届いている。昨年のブラジルW杯に出場したイランがトルクメニスタンと1-1で引き分けた。同じくブラジルW杯出場で現アジア王者のオーストラリアが、キルギスの抵抗に苦しんだ。2-1の際どい逃走劇である。韓国もミャンマーに2-0のロースコアの勝利となった。

 ただ、イラン、オーストラリア、韓国はアウェイゲームだった。意味合いはまったく異なる。

 試合後のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「100パーセント得点できるチャンスが19回はあった」と繰り返し話し、「今日の結果をなかなか呑み込めない。消化できない」とフランス語を荒げた。

 客観的に振り返って、「100パーセント得点できるチャンス」は「19回」もなかった。とはいえ、日本が圧倒したのは事実である。この日のマン・オブ・ザ・マッチは、ビッグセーブを連発した相手GKだった。2015年6月16日の夜は、彼のためにあったと言っていい。

 W杯予選の初戦で苦しむのは、今回が初めてではない。

 アメリカW杯を目ざしたハンス・オフトのチームは、タイを辛くも退けた。三浦知良の左足ボレーが、初戦の緊張に縛られたチームを救った。

 2006年のドイツW杯に出場したジーコのチームは、アジア一次予選の初戦でオマーンの執拗なディフェンスに直面した。だが、途中出場の久保竜彦が93分にゴールをこじ開け、1-0で勝利をつかんだ。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2015年6月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。