アジアの洗礼。やはり日本代表には遠藤保仁が必要なのか?

アジアの洗礼。やはり日本代表には遠藤保仁が必要なのか?
文=河治良幸

ロシアW杯へと続くアジアの戦いが始まった。日本代表は初戦でシンガポールと対戦し、0-0の引き分け。ホーム開催であること、またグループ1位にならねば突破が保証されないレギュレーションを思えば、痛恨の結果にも思える。今週のJ論は“6月のハリルジャパン”を評価し、今後のあるべき施策とは何かを考えたい。まずは練習からつぶさに代表を観察してきた情熱の分析家・河治良幸が代表の今を語り尽くす。

■快勝を期待してしまう空気の中で

 負けたわけではないが、シンガポールにホームで引き分け。試合後には一斉にブーイングが起こり、さまざまな書き手がそれぞれの視点から不甲斐ないチームや選手を批判した。読んでみると視点はもちろん試合で起きた現象の認識までバラバラなのだが、共通するのは内容と結果の双方に満足していないということだ。

 もちろん、予選最初の試合が簡単であるはずがない。終わってみたら大差が付いたような試合ですら、その入りはとてもジリジリした展開になるものだ。そもそも、シンガポールは何の苦労もなく大勝できるような相手でもない。それでも直近3試合の試合が脳内にこびりついていて、快勝を期待する自分がいたことも否定できない。

 シンガポール代表の粘り強さは確かにあったし、GKのイズワン・マフブトのプレーは文句なく素晴らしかった。また守備の統率が90分にわたって切れることなく、人数が限られていた攻撃も日本の攻勢を削ぐ効果は出ていた。総じて相手の守備はタイトだった。だが、日本代表にとってこの試合が難しくなった最大の理由は、「攻守の切り替わり」というものがほとんど起こらなかったことにある。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2015年6月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。