”暑い方がパスが回る?” Jが気温とプレーについてのデータを公開

”暑い方がパスが回る?”  Jが気温とプレーについてのデータを公開
 Jリーグは9日、2015明治安田生命J1リーグの気温とプレーの関連性についてのデータをオフィシャルサイトで公開した。

 データでは、「試合数」、「走行距離」、「スプリント数」、「パス成功率」、「シュート数」、「得点」がそれぞれ6区分の気温ごとに表示されている。また、チームごとの「走行距離」と「スプリント数」も同様に、6区分の気温ごとに分類されている。(※データはいずれもJ1の1試合あたりの平均値)

 最も興味深いのは「パス成功率」だ。数値が高い順に、「21~23度」の77パーセント、「28度以上」の76.8パーセント、「24~27度」の76.1パーセントとなっている。「18~20度」では73.6パーセント、「15度未満」では73.0パーセントに下がる点から、“暑い試合の方がパスがよく回る”ということがわかる。

 逆にイメージ通りの結果になったのが“走ること”に関するデータだ。「走行距離」と「スプリント数」では気温が低い方が数値が高くなる傾向が見られた。最も走行距離が長いのは、「15~17度」で114.1キロメートル。次が同率で「15度未満」と「18~20度」の114.0キロメートルとなった。スプリント数の最多は「15~17度」の166.7回で、「18~20度」の162.4回、「15度未満」の161.7回がそのあとに続いている。つまり、“寒い試合の方がよく走る”ということが立証された。

 シュートについてのデータを見ると、「シュート数」が最も多いのは「21~23度」で11.7回、次いで「18~20度」で11.3回となっている。「得点」が最も多いのは「18~20度」で1.56点、その次に多いのが「21~23度」で1.55点だった。”暑すぎず寒すぎない気温での試合でシュートや得点が増える”ということが言える。

 また、チーム別の「走行距離」、「スプリント数」はともに湘南ベルマーレがJ1全18チーム中トップとなっている。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月9日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。