バルサのPK失敗は今季6本目…メッシ、スアレス、ネイマールが2本ずつ

バルサのPK失敗は今季6本目…メッシ、スアレス、ネイマールが2本ずつ
 バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、またもPKを失敗した。3日に行われたリーガ・エスパニョーラ第27節、アウェーのラージョ・バジェカーノ戦で67分に得たPKのキッカーを務めたスアレスは、スペイン人GKフアン・カルロスにシュートを止められた。スアレスにとっては2月17日の第16節スポルティング・ヒホン戦に続いてのPK失敗となった。

 今回のスアレスのPKが、今シーズンのバルセロナの公式戦通算6本目の失敗となった。スペイン紙『アス』が伝えている。

 今シーズン、バルセロナは公式戦で6本のPKを失敗。内訳はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2本、ブラジル代表FWネイマールが2本、そしてスアレスが2本。リーグ戦27試合で3人合わせて62ゴールを挙げている“MSN”が、揃って複数のPKを外している。

 多発するPK失敗を受けて、『アス』は過去のデータを紹介。1976-77シーズン、バルセロナは7本のPKを失敗した。内訳は、元スペイン代表FWカルレスが3本、元オランダ代表MFヨハン・ニースケンスが3本、そして元オランダ代表MFヨハン・クライフが1本だ。今シーズンのバルセロナは当時の失敗数に迫っている。なお、『アス』は、2月14日の第24節セルタ戦でメッシとスアレスが見せた“トリックPK”を「失敗」とカウントし、29年ぶりに記録に並んだと報じている。

 また同紙は、今回のPKを獲得した際にスペイン代表DFジェラール・ピケがアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノにキッカーを務めるように勧めたとも報道。推薦の理由はマスチェラーノがバルセロナ加入後無得点であるためのようだが、同選手はPKを蹴らなかった。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「メッシ」に関する記事

「メッシ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「メッシ」の記事

次に読みたい「メッシ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月4日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. メッシ Instagram
  2. メッシ twitter
  3. メッシ アルゼンチン代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。