“最強“バルサに何が起こったのか? 現地紙から読み解く急失速した3つの理由

“最強“バルサに何が起こったのか? 現地紙から読み解く急失速した3つの理由
 バルセロナの凋落が止まらない。17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第33節のバレンシア戦に敗れ、2003年2月以来となるリーグ3連敗。ここ4試合で1ポイントしか上積みできず、3位レアル・マドリードとの勝ち点差は、この1カ月で「12」から「1」まで縮まった。最近まで「バルセロナの連覇確実」と言われていたリーガだが、残り5試合を迎えたところで、バルセロナと同勝ち点で並ぶ2位アトレティコ・マドリード、そしてレアル・マドリードとの三つ巴の優勝争いに様変わりしている。

 振り返れば、バルセロナは3月までは無敗街道を歩んでいた。しかし、今月2日の“クラシコ”に敗れて公式戦40試合ぶりの敗戦を喫したのを皮切りに、4月はここまで5試合を戦って1勝4敗。わずか2週間強で、今シーズンの開幕から3月までに喫した敗戦数(3)を上回った。それにしても、なぜ彼らは突然失速したのか?

■試合数の多さによるコンディション低下

 まずバルセロナ寄りのスポーツ紙『スポルト』が指摘するのは、試合数の多さによるフィジカルコンディションの低下だ。17日のバレンシア戦は、バルセロナにとって今シーズンの公式戦56試合目だった。これはレアル・マドリードよりも11試合多い。運動量ではなく技術で勝負するバルセロナといえども、リーガ、チャンピオンズリーグ、コパ・デル・レイの主要3大会以外に、UEFAスーパーカップやスーペルコパ・デ・エスパーニャ、さらには

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月19日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。