優勝に導いた木暮賢一郎監督「フットサル日本代表の熱い想いが伝わったら嬉しい」

優勝に導いた木暮賢一郎監督「フットサル日本代表の熱い想いが伝わったら嬉しい」
 4月22日から24日にかけてウイングアリーナ刈谷で開催された国際親善大会で、フットサル日本代表は初戦でベトナム代表に7-0で勝利、第2戦でウズベキスタン代表と3-3で引き分けて大会に優勝した。

 この大会限定でフットサル日本代表監督に就任していた木暮賢一郎監督は、わずか3日間のトレーニングキャンプの中で初招集選手の多いチームをグループとしてまとめあげ、9月に開催される2016 FIFAフットサルワールドカップ・コロンビアに出場する2カ国を相手に、まったく引けを取らない試合を展開した。

 第2戦のウズベキスタン戦後、木暮監督は「試合としては勝つことはできませんでしたが、日本代表の誇りや熱い想いをピッチで表現しようということを伝えてきました。それが伝わっていたらうれしいなと思います」と語った。2月のAFCフットサル選手権で過去最低の結果に終わったフットサル日本代表は、この大会で再び前に進み始めた。

 以下、木暮賢一郎監督記者会見要旨

――今日の試合を振り返って。

「まず、試合の話の前に、こういう機会を与えていただいた日本サッカー協会と、快く送り出してくれたシュライカー大阪に感謝したいと思っています。また、現役時代、選手とスタッフという関係だった小森(隆弘)コーチと村岡(誠)コーチ、そして普段はFリーグでライバルというか敵でもある岡山(孝介)コーチと谷本(俊介)コーチにも感謝しています。そして本当に選手あってだと思いますので、この難しい状況の中、6日間にわたってこちらの要求について来てくれて、2試合に渡って素晴らしいゲームをしてくれた選手にも感謝しています」

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フットサル」に関する記事

「フットサル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フットサル」の記事

次に読みたい「フットサル」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月27日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. フットサル 日本代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。