ジョン・カビラ&川平慈英が兄弟で語る“マラドーナ論”…まさかの構想も?
拡大する(全1枚)
 サッカー史に残る名選手である元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナが、大活躍を見せた1986年のメキシコ・ワールドカップから今年で30年が経過する。

『サッカーキング』では節目の年を迎えるにあたり、マラドーナを“神”と崇めるほどの憧れの存在と話すジョン・カビラさんと川平慈英さんに対談してもらい、兄弟でその魅力を存分に語ってもらった。

 マラドーナを愛する両者にその魅力を尋ねるとジョンさんは「“柔よく剛を制す”をピッチで完全に具現化した男」とプレースタイルに言及しつつ、「それプラス、あの態度(笑)。アーセン・ヴェンゲル監督(アーセナル)は『今のフットボーラーはロックスター。パパラッチから常に狙われている。そういう環境の中で管理するのは難しい』とおっしゃっていました。マラドーナはその扉を開いた人ですね。いろいろな意味で“エポックメイキングな人”だった」と、その破天荒なキャラクターも魅力の一つとコメント。慈英さんは「短パンと太ももですよ。『何だ、このスタイルは』ってそこに釘付けになって(笑)」と、その姿に目を奪われたことを明かす。

 世界では常々、リオネル・メッシやペレとマラドーナを比較する声が上がるが、「やっていたサッカーが違うから比較はできない」(ジョンさん)、「(ペレよりは)僕は圧倒的にマラドーナです」「よくメッシも比べられますけど、全く違います。語ってもしょうがないくらい。比較する意味がない」と、マラドーナは唯一無二の存在であると語る。