ラウドルップ、ストイコヴィッチ、リュングベリ…ユーロでプレーした歴代外国人Jリーガーを振り返る

ラウドルップ、ストイコヴィッチ、リュングベリ…ユーロでプレーした歴代外国人Jリーガーを振り返る
拡大する(全1枚)
 グループリーグ全日程が22日に終了し、出場24カ国から決勝トーナメントに進出した16カ国へと絞られたユーロ2016。25日からはいよいよ一発勝負のノックアウトラウンドが始まる。今回は「ユーロでプレーした外国人Jリーガー」をまとめてみた。知っているようで意外と知らない、ユーロとJリーガーの歴史を振り返ってみたい。

■ミカエル・ラウドルップ
ヴィッセル神戸(1996-1997)
デンマーク代表(1984、1988、1996)

弟のブライアンとともに、「ダニッシュ・ダイナマイト」と恐れられた80年代のデンマークを象徴するスーパースター。20歳で参加したユーロ84年大会でベスト4進出に貢献。88年大会でも1ゴールを挙げ、グループリーグ敗退に終わったチームのなかで気を吐いた。92年大会は予選を通じて活躍し、デンマークも内戦による制裁を受けたユーゴスラヴィアに代わって本大会の出場権を得たものの、メラー・ニールセン監督との意見の相違から参加を辞退。彼のいないチームは優勝を果たしている。4年後の96年大会では主将を務めたものの、1勝1分1敗の成績で大会を後にした。
クラブレベルでは1985-86シーズンにユヴェントスでスクデットを勝ち取り、バルセロナでリーグ4連覇を果たすなど、数々のタイトルを獲得。1994年に宿敵レアル・マドリードへ禁断の移籍を果たし、ここでもリーグ制覇を成し遂げた。
キャリア晩年の地として選んだのは日本。1996年に当時JFLのヴィッセル神戸に移籍し、
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ヴィッセル神戸」に関する記事

「ヴィッセル神戸」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ヴィッセル神戸」の記事

次に読みたい「ヴィッセル神戸」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク