ラウドルップ、ストイコヴィッチ、リュングベリ…ユーロでプレーした歴代外国人Jリーガーを振り返る

1994年にソ連代表のチームメートだったオレグ・プロタソフと共にガンバ大阪に加入。本職のセンターバックに加え、デビューしたばかりの宮本恒靖とダブル・ボランチを形成し、重戦車のようなドリブル突破で攻撃にも顔を出した。自身のファールにより与えたPKをGK本並健治が止めた際、彼の頬に濃厚な祝福のキスをした場面は、Jリーグ史に残る名(迷)場面として語り継がれている。

■イゴール・レディアコフ
横浜フリューゲルス(1998)
CIS代表(1992)※出場機会なし

ソビエト連邦のソチ生まれ。長身ながらテクニックに優れ、ストライカーとセンターハーフをこなした。ユーロ1992にCIS代表として参加したが、出場機会に恵まれず。2年後のワールドカップでは1試合に出場した。
1994年から2002年までスポルティング・ヒホンに在籍していたが、途中、1998年に横浜フリューゲルスにレンタル移籍で加入。バルセロナ出身の名将カルロス・レシャックの指揮下、3-4-3という攻撃的なシステムで、元ポルトガル代表パウロ・フットレらと魅惑の攻撃陣を形成。自身も15ゴールを記録したが、成績は上向かず、スポンサーの撤退によるクラブ消滅をもって退団した。

■ムラデン・ムラデノヴィッチ
ガンバ大阪(1996-1997)
クロアチア代表(1996)

ファイト溢れるプレースタイルから母国で「ランボー」の愛称で呼ばれた中盤のダイナモ。1990年のワールドカップ直後のクロアチア代表創設当時から代表メンバーに選ばれ、初めての公式戦となったアメリカ代表との歴史的一戦にも出場した。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ヴィッセル神戸」に関する記事

「ヴィッセル神戸」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ヴィッセル神戸」の記事

次に読みたい「ヴィッセル神戸」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク