苦境に追い込まれるほど輝く本田圭佑 ミランでの鬱憤を晴らし、存在価値の証明を

苦境に追い込まれるほど輝く本田圭佑 ミランでの鬱憤を晴らし、存在価値の証明を
 9月1日の2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選初戦・UAE(アラブ首長国連邦代表)戦(埼玉)に向け、28日から埼玉県内で始動した日本代表。2日目の29日は本田圭佑(ミラン/イタリア)、岡崎慎司(レスター/イングランド)、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)、武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)の5人が合流。22人でトレーニングを実施した。上記5人はクールダウン中心のメニューをこなし、前日到着の長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)と香川真司(ドルトムント/ドイツ)は別メニューで走りやパス交換などを行った。それ以外のフィールドプレーヤー12人は6対6やクロス&シュートといった実戦的内容を1時間半にわたって消化。GK3人を含めてかなり追い込んだ印象だった。

 盟友・岡崎とのコンビで、長谷部・香川組との2対2のサッカーバレーで練習を締めた本田は、久しぶりの代表合流に上機嫌の様子だった。6月のキリンカップ2連戦(ブルガリア&ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)は負傷で棒に振ったため、代表戦のピッチは3月の2次予選ラストのシリア戦(埼玉)以来。本人もひと際高いモチベーションを抱いているに違いない。

 とはいえ、ミランでの状況は当時より確実に厳しくなっている。シニシャ・ミハイロヴィッチ監督が率いていた3月時点では右サイドの定位置を確保。イタリア国内での評価も右肩上がりだった。ところが4月にクリスティアン・ブロッキ監督が後を引き継ぐと出場機会が激減。今シーズンの動向が危ぶまれていた。その予想通り、新たに就任したヴィチェンツォ・モンテッラ監督は右サイドにスソを抜擢。本田は今シーズン開幕から2試合出場なしという苦境にあえいでいるのだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 本田圭佑 Instagram
  2. 本田圭佑 SVホルン
  3. 本田圭佑 twitter
サッカーキングの記事をもっと見る 2016年8月29日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「本田圭佑 + twitter」のおすすめ記事

「本田圭佑 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「本田圭佑 + カンボジア」のおすすめ記事

「本田圭佑 + カンボジア」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「宮市亮」のニュース

次に読みたい関連記事「宮市亮」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。