空振りに「なんでなんかな」 決定機外した本田「負けてたら僕のせい」

空振りに「なんでなんかな」 決定機外した本田「負けてたら僕のせい」
 7試合連続ゴールを記録していた男が、まさかの空振りで不発に終わった。

 日本代表は6日に行われた2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第2戦でタイ代表と対戦。FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)とFW浅野拓磨(シュトゥットガルト)のゴールにより、敵地での一戦を制して同予選初白星を収めた。

 W杯予選7試合連続ゴールを記録していたFW本田圭佑(ミラン)だが、この日は再三のチャンスを決めきれず、結果を残してきたエースらしさが影を潜めた。

 1点リードの24分に迎えた最大の決定機では、浅野からの折り返しを、ファーサイドに走り込んで左足で合わせに行くが、まさかの空振り。本人も「空振ったんで、なんでなんかなって感じですけど。そこまで跳ねた記憶もないんで、ちょっと映像を見てみないと分かんないですね」と振り返る。

 その後も本田は得点を奪えず、連続ゴール記録は7試合でストップ。「そもそもこの相手にはゴールを取らないといけないと僕は思ってるんで、アシストも結果も得点に絡めなかったのは、反省しないといけない」とノーゴールを悔やむ。

 だが、この日は本田だけではなく、MF香川真司(ドルトムント)や原口、浅野ら攻撃陣がチャンスを決めきれず、追加点が遠かった。本田も自身に言い聞かせるように「攻撃陣は反省するところが多い」とコメント。その一方で「攻撃陣が外してもしっかり勝てたんでよかったです。これが負けてたら僕のせいになってたんで」と白星に安堵した様子を見せつつ、「前回の試合を落としているんで、この試合には勝たなければいけなかった。僕はハッピーですね。この試合の勝利は非常に大きいと思っています」と語った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2016年9月7日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。