ヴィッセル神戸が追悼文を発表 カイオ・ジュニオール監督が2009年に指揮

ヴィッセル神戸が追悼文を発表 カイオ・ジュニオール監督が2009年に指揮
拡大する(全1枚)
 シャペコエンセ(ブラジル)の選手たちを乗せた飛行機が墜落した事故を受けて、カイオ・ジュニオール監督がかつて指揮を執ったヴィッセル神戸は追悼文をクラブ公式HP上で発表した。

 今回の事故で亡くなったカイオ・ジュニオール監督は、2009シーズンにヴィッセル神戸の監督に就任。同年の6月まで指揮を執った。ヴィッセル神戸は「2009シーズンに6月まで監督としてチームの指揮を執ったカイオ・ジュニオール氏も含まれているとの報道を受け、クラブ一同で無事をお祈りしておりましたが、残念ながらご逝去されたとの知らせを受けることとなりました。この度の事故でお亡くなりになられた方々に対し謹んで哀悼の意を表すとともに、ご家族の皆様、関係者、そしてシャペコエンセに関わるすべての皆様に心からお悔やみ申し上げます」との文を掲載した。

 また、ジュニオール監督の下で選手としてプレーした吉田孝行ヘッドコーチのコメントも掲載された。以下はその全文。

「カイオ・ジュニオール監督については、最初のミーティングで話を聞いた時に『この人の為に頑張ろう』と強く思ったことを今でも忘れません。戦術的にもピッチの外でも、いつも温かく接してくれた方でした。この度の事故は本当に残念でなりませんが、亡くなられた方々のご冥福と、生存された方の一日でも早い回復を心からお祈りいたします」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ヴィッセル神戸」に関する記事

「ヴィッセル神戸」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ヴィッセル神戸」の記事

次に読みたい「ヴィッセル神戸」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク