<選手権フォーカス>【駒澤大高】268名“マンモス部活”率いる指揮官、分厚い競争力のある集団作り

<選手権フォーカス>【駒澤大高】268名“マンモス部活”率いる指揮官、分厚い競争力のある集団作り
 駒澤大学高校のサッカー部員は268名。男子生徒の約3分の1だという“マンモス部活”である。1998年からサッカー部の指揮を執る大野祥司監督は、そんな大所帯をまとめながら毎年タフなチームを作ってきた。現役時代は“武南の和製マラドーナ”として知られたテクニシャンながら、作り上げたスタイルは質実剛健。一人ひとりの献身性を重んじ、切り替えの速さと球際の激しさを売りとし、強豪ひしめく東京で着実に地位を築いてきた。

 昨季は、そんな大野監督のチーム作りに明確な変化が見られた年だった。それまでのアプローチは3年生を主体とする、ある意味で高校サッカーらしいマネジメント。自身の経験も踏まえながら、頑張ってきた3年生を大切にすることでチームの求心力も作ってきた。だが、昨年からは「競争主義」の中で下級生を大幅に抜擢。先発の過半数が下級生になる試合も珍しくなくなり、激しい競争が行われるようになった。

 大野監督は3年生の心情を思いやりつつも、「初めて選手権に出たときの経験が、次の代につながらなかった」ことも意識しながら、学年縦断型のチーム作りを貫いた。一方で、3年生を単に切り捨てることなく、Bチーム以下を各カテゴリーのリーグ戦へ細かくチーム参加。重層的なリーグの「どこかに居場所がある」状態を構築していった。アピールの場はあるわけで、当然ながらシーズンを戦う中でB・CチームからAチームへの突き上げも起きる。横の連帯ではなく縦に分厚い競争力のある集団を作ってきた。前回大会での8強入りは、その一つの成果だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子
サッカーキングの記事をもっと見る 2016年12月28日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「高校サッカー + 千葉」のおすすめ記事

「高校サッカー + 千葉」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら