【独占インタビュー】太田宏介が語るFC東京復帰の真実。再認識した“東京愛”、そして新たに見つけた“夢”のカタチとは

【独占インタビュー】太田宏介が語るFC東京復帰の真実。再認識した“東京愛”、そして新たに見つけた“夢”のカタチとは
       
 至高の左足キックを持つレフティーが、古巣・FC東京への復帰を決断した。昨冬、オランダのフィテッセへ完全移籍した太田宏介が、再び“青赤”のユニフォームに袖を通すことになったのだ。昨年9月、10月に行われたFIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選で日本代表に選ばれ、所属クラブでも出場機会を増やしていた彼は、なぜ長年の夢だったヨーロッパ挑戦に区切りをつけて日本へ舞い戻ってくることにしたのだろうか。そこには深淵たる“東京愛”、そして新たに発見した夢の存在があった。

インタビュー・文=馬場康平


――まず、FC東京復帰を決断した経緯を教えてください。

太田宏介(以下、太田) 昨年の9月、10月頃に(フィテッセで)試合に出場できなかった時にも、期限付き移籍の話をもらっていたんです。ただ、その時点では帰ることは考えていなかった。まずはフィテッセでという思いが強かったし、チームが「ノー」と言ったので、僕には選択の余地がなかったのも確かでした。その後、11月からコンスタントに試合に出られるようになって、ゴールをアシストしたりして順調に年内の全日程を終えることはできた。東京はその間もずっと気に掛けてくれていて、12月に入って期限付き移籍が難しいことを踏まえて完全移籍の方向で話をしてくれた。もちろんフィテッセの意向もあるので自分の意志では何も決めることはできなかったけど、それでもこの1カ月間はいろいろなことをずっと考えてきた。向こうでの充実感はもちろんあったし、ヨーロッパで成功することは自分の夢でもあったので。この一年間、オランダでプレーしてきて感じたことを精査して、すべてを考えた時に、東京に戻って優勝したいという思いが次第に強くなっていった。自分のことを必要としてくれたことだけでなく、このオフはこれまで以上に積極的な補強にも動いている。本当に「今シーズン、優勝するんだ」というクラブの強い意志を感じました。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月12日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。