【コラム】産声を上げた鬼木フロンターレ…小林新主将のもと、いざ悲願達成へ

【コラム】産声を上げた鬼木フロンターレ…小林新主将のもと、いざ悲願達成へ
       
 新たなシーズンへ向けて鋭気を養うオフに入っても、胸の中に渦巻く悔しさは晴れなかった。再びボールを蹴り始めた今、さらに増幅されて体を突き動かす源にもなっている。宮崎県内で行われている、川崎フロンターレの第1次キャンプ。今シーズンから副キャプテンを務めているMF大島僚太が、すべての選手が抱く思いを代弁した。

「天皇杯を取れなかった悔しさはすごく残っています。オフの間もそういう思いはありましたけど、実際にキャンプが始まって、それが活力になっていますね」

 元日に行われた第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝。延長戦にもつれ込む死闘の末に、川崎は鹿島アントラーズに屈した。明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ準決勝に続いて、同じ相手にチームの悲願でもあるタイトル獲得への夢を断たれた。その瞬間に、ひとつの時代が終わりを告げた。

 2012シーズンの途中から指揮を執り、攻撃的なサッカーを独特の理論でさらに進化させた風間八宏監督(現名古屋グランパス監督)の退任。前人未踏の3年連続得点王を獲得したFW大久保嘉人(現FC東京)の退団。コーチから昇格する形でバトンを託された鬼木達新監督はこの時すでに、新生フロンターレのデザインを描いていたのかもしれない。

 新チームになって初めて行ったミーティング。42歳の青年監督は結果に対する責任は自らが取るとした上で、選手全員に「責任感を持ってほしい」と熱く訴え、新たなキャプテンにFW小林悠を指名した。ゲームキャプテンを務めた2007シーズンから、ほとんどの試合で左腕にマークを巻いて戦ってきたチームの象徴、MF

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「川崎フロンターレ」に関する記事

「川崎フロンターレ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「川崎フロンターレ」の記事

次に読みたい「川崎フロンターレ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月25日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 川崎フロンターレ ジュニアユース
  2. 川崎フロンターレ 中村憲剛
  3. 川崎フロンターレ 大島僚太

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。