大宮アルディージャに痛手…ペチュニクが約4週間の負傷離脱

大宮アルディージャに痛手…ペチュニクが約4週間の負傷離脱
 大宮アルディージャは18日、元スロベニア代表FWネイツ・ペチュニクが負傷離脱したことを、公式HPで発表した。

 12日に行われた、ルヴァンカップグループステージ第2節柏レイソル戦にて負傷。検査の結果、右腸腰筋肉離れと診断された。全治4週間ほどと発表されている。

 ペチュニクは今季、公式戦6試合に出場。大宮アルディージャは現在、明治安田生命J1リーグで1分6敗の勝ち点1で、最下位に沈んでいる。

 21日に行われるリーグ戦第8節で、大宮アルディージャは5位のガンバ大阪とアウェイで対戦する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2017年4月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「湘南ベルマーレ」のニュース

次に読みたい関連記事「湘南ベルマーレ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。