【プレビュー】レアルが引導を渡すか、バルサが食らいつくか…天王山“クラシコ”で2強が激突

【プレビュー】レアルが引導を渡すか、バルサが食らいつくか…天王山“クラシコ”で2強が激突
 スペインが世界に誇る伝統の一戦“クラシコ”だが、リーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグ(CL)の2冠に向けて着々と歩を進めるレアル・マドリードに対し、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の1冠に終わりかねないバルセロナと、今回は2大クラブが好対照な状況下で激突する。

 両者は現在、1試合消化が少ないながら23勝6分2敗で首位に立つレアル・マドリードが、22勝6分4敗で2位に着けるバルセロナに3ポイント差を付けている。したがって、今シーズン2度目の対戦は、レアル・マドリードが優勝争いに決着を付けるか、バルセロナが逆に並び掛けるかという、宿命の対決に相応しい天王山となる。

 直接対決を前にした両チームの状態は、直近の戦い振りに顕著に表れている。まず、ともに強敵との戦いとなったCL準々決勝は、バイエルンと対戦したレアル・マドリードは、アウェイでのファーストレグに先勝(2-1)すると、ホームでのセカンドレグでは、一時は2戦合計スコアで追い付かれながらも延長戦の末に連勝(4-2)を飾り、7シーズン連続で準決勝に進出した。これに対し、ユヴェントスと対戦したバルセロナは、アウェイでのファーストレグに完敗(0-3)すると、ホームでのセカンドレグもドロー(0-0)に終わり、2シーズン連続でベスト8止まりとなった。

 一方、CLの2試合に挟まれる形で行われたリーガ前節は、アウェイでスポルティング・ヒホンと対戦したレアル・マドリードも、ホームでレアル・ソシエダと対戦したバルセロナも、同じスコア(3-2)で勝利を収めたものの、ともに不安を残す試合となった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2017年4月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。