知っていたらプレミア通? アーセナルとマンUでプレーした5人の男たち

知っていたらプレミア通? アーセナルとマンUでプレーした5人の男たち
 7日に開催されるアーセナル対マンチェスター・U。今シーズンは両クラブともに満足のいくシーズンではないが、世界的なビッグクラブ同士の対戦ということもあり、今もなお注目される一戦であることは言うまでもないだろう。

 さて、この両クラブの関係性には様々な特徴があるが、その一つが「移籍」に関することだ。

 移籍が日常茶飯事のサッカー界では、有名選手がライバルクラブの間を行き来することも決して珍しくないが、ことアーセナルとマンチェスター・Uにおいては意外にも少ない。

 100年以上に及ぶクラブの歴史の中で、これまでに両クラブ間で発生した移籍ケースは15例。ライバル色が強まった1990年代以降に焦点を絞ってみると、数えられるほどしか存在しないというのは驚きだ。

 両クラブを愛するサポーターであれば、そらで言えるかもしれないが、その事例を順に振り返ってみよう。

■アンディ・コール
アーセナル:1989~1992
マンチェスター・U:1995~2001

 前述の通り、ライバル意識が強まった1990年代に入って初めて発生した移籍が、アンディ・コールだ。だが、プレミアリーグ通であっても「アンディ・コール?」というリアクションが大半かもしれない。それもそのはず。彼は、アーセナルのユースで育ったものの、トップチームにおけるリーグ戦出場試合数はわずかに「1」しかないためだ。

 しかし、当時を知るアーセナルサポーターは「何故、もう少し辛抱できなかったのか」とクラブの決断を悔やんでいることだろう。1992年にブリストル・シティに安値で売却された後、1993年に加入したニューカッスルで爆発。1995年1月にはマンチェスター・Uに電撃移籍を果たし、プレミアリーグを代表するストライカーとして名を馳せたのは有名は話だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2017年5月7日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。