【ライターコラムfrom東京V】ヴェルディをV字回復に導いたロティーナ監督を支える右腕的存在

【ライターコラムfrom東京V】ヴェルディをV字回復に導いたロティーナ監督を支える右腕的存在
 クラブ史上初のスペイン人監督就任にあたり、ミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督が、東京ヴェルディ側に唯一とも言える絶対条件としたのが、「イバン・パランコ・サンチアゴのコーチ招聘」だった。2014年、15年の2シーズン指揮を執ったアル・シャハニアSC(カタール)時代、ヘッドコーチとして共に闘い、2年目に1部昇格を成し遂げた右腕ともいえる存在。さらに、監督自身にとって、「以前から興味があった」とはいえ、初めてとなる異国・日本での挑戦において、2009年から12年にわたり、『FCバルセロナ・スクール福岡校』でテクニカルディレクターとして日本人を指導していた同コーチは、これ以上ないほど心強いパートナーと言えた。そして、そのスペイン人コンビがいま、ここ数年J2下位に低迷するかつての名門クラブを、J1昇格争いのできるクラブへと、見事に立て直しつつある。

 両者のバランスは、実に見事だ。「守備は監督、攻撃はイバンがトレーニングする」と、選手の誰もがきっぱりと言うように、互いのストロングを尊重し合う関係性に、信頼度の深さを感じる。とある日、ロティーナ監督に、拙いスペイン語で尋ねてみた。「イバン コーチを連れてきた、一番の理由は?」。「なぜなら……」までは理解できたが、その後続いたスペイン語は、どうしてもすぐには理解できなかったので、懇願してノートに書いてもらった。そこには、「FCバルセロナのスクールで指導していた彼には、FCバルセロナのフィロソフィーが備わっているから」と記されていた。「あなたのフィロソフィーも、それに近いものがあるということですか?」と、再び問うと、「その通り」と、笑顔を見せた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2017年5月27日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュース

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。